あっちやこっちへ回り道

アクセスカウンタ

zoom RSS 『やまのうえのたにした』自主トレ、始動!!

<<   作成日時 : 2009/01/03 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

 とはいっても、ただのウォーキングですが・・・!
 いつもの公園のコースの写真をご覧ください。

画像





画像














画像       
















画像





画像 


















画像

















画像














いやー、『チカレタビー!』これ分かる人は、年配の証拠かも!











月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
写真綺麗ですね…日頃のトレーニングがやまのうえのたにしたさんのランボ−の様な身体を作ってるのですな、見習わねば!昭和の匂いは「よっこいしょういち!」でどーでしょ!
愚息も昇天
2009/01/04 04:38
うん、写真いいですね。なんかふわっとしていて肩に力が入らずとってもいい風景です。最近「風景」を感じるものが好きです。そんなことから時々漢詩を読んでいます。最近は字を眺めぼんやり詩の意味、風景を想像してます。最近のおきにを貼っておきます。「李賀(唐代)」です。幻想的なそして深い虚無が好きです。
キャライモ
2009/01/04 07:29
南山何其悲   終南山は、なぜあんなに悲しそうに見えるのだろうか   鬼雨灑空草   雨がしとしとと、無人の野原に降っている        長安夜半秋   長安の秋の夜更け                   風前幾人老   風に吹かれる命の灯火の、一体いくつが老人になるまで生き        伸びるのだろう     
低迷黄昏徑   薄暗いたそがれの細い道を通り             鳥鳥青櫟道   益体もない青いクヌギの樹が風にざわめく道を歩く    月午樹無影   真上にかかる月のせいで、その樹には影すらないのだ   一山唯白曉   ただ墓場のある山だけが、夜明けのように白々と浮かび  漆炬迎新人   鬼火の光が、新たな死者を迎えに来る          幽壙螢擾擾   深い墓穴の中には、螢がいくつも乱れ飛んでいる
キャライモ
2009/01/04 07:29
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。年末年始、またしても家庭の事情でドタバタしまして、ようやくの書き込みです。早くも自主トレですか(笑)。私は昨年どうも疲れやすくなっていると思ったら、柄にもなくシャレたことを考えて、カバンを軽く小さいモノにしたのがマズかったんだと気付きました。案の定、肩や腕の筋肉も落ちている・・・。私のデカい重いカバンは、あれ自体が健康づくりのツールだったんですねぇ。今年もまたデカいカバンで頑張ります!
サッポロ一番
2009/01/04 11:26
愚息も昇天さん、ありがとうございます。では、昭和シリーズをもうひとつ。『うれしいと、メガネが落ちるんですよ!!』
やまのうえのたにした
2009/01/05 09:58
キャライモさん、毎度。いい趣味ですね。やはり、言葉は違っても文字が同じだと伝わってくる物も多いですよね。いいなあ、漢詩。
やまのうえのたにした
2009/01/05 10:00
サッポロ一番さん、どうも。若い時と違って、筋肉も使っていないとあっという間に落ちてしまいますね。私も日々鍛錬でエイジングに立ち向かいます。
やまのうえのたにした
2009/01/05 10:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
『やまのうえのたにした』自主トレ、始動!! あっちやこっちへ回り道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる